読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立道智之の日記

趣味で小説を書いております

佐野昌綱の野望8 公開しました

Amazon Kindle Unlimitedにて

佐野昌綱の野望8:北条征伐昌綱凱旋編

公開しました。

 

f:id:tatetomosyo:20170411202658j:plain

紀伊半島、四国、九州征伐を終え西日本を

制圧した豊臣秀吉

昌綱、ようやく秀吉が関東に向かってくれるものかと

期待しますが秀吉は己、豊臣政権の権威を高めるための

活動を精力的に行います。

誰でも参加できる北野大茶会を開いたり

秀吉が京都に作った大邸宅、聚楽第天皇

招いたり秀吉の目の上のたんこぶで

北条氏と同盟を組む徳川家康を取り込もうと

あの手この手を尽くします。

しかしそれでも北条氏は秀吉に頭を下げません。

 

さらに秀吉の側室の茶々が秀吉待望の

世継ぎを産みます。

昌綱だけでなく、世の人もみんな驚きと胡散臭さを

感じるのですが口には出しません。

 

秀吉ですがようやく授かった我が子との

ふれあいの時間を取りたかったのですが

相変らず北条氏は動かず。

さらには関東は陸奥伊達政宗が関東に南下する

素振を見せて秀吉に従う佐竹氏を追い詰めるなど

混乱が収まる気配がありません。

 

秀吉、ついに関東に出陣することを決断し、

昌常もようやく関東に戻って唐沢山城を

取り戻せるかと安堵しますが……

 

秀吉、北条氏と関東平定が終われば

明に行くと言い出します。

 

昌綱の周囲も紀伊で木材の代金横領事件や

北野大茶会での有名茶人の暴言騒動、

武功を上げたい石田三成の無茶な忍城攻めに

巻き込まれたりと相変わらずてんやわんやが

続きます。

 

物語の展開から史実と違う点があるのは

ご了承ください。

 

イラストはJOU様に書いて頂いております。

 

Kindle Unlimitedにて読み放題にて

公開中です。

 

よろしくお願いします。